日→英翻訳、コピーライティング、編集、プルーフリーディング、映像翻訳ホームページ制作、多国語プロジェクトマネージメント

Japanese-to-English translation, copywriting, editing, proofreading, subtitling, website development and multilingual project management.

Malaya is a Japanese-to-English translator, writer and editor with nearly 20 years experience working in Japan. She has spent most of her career in the international non-profit sector and is well-versed in international law, human rights and humanitarian affairs, international relations, international development, political science, social science, education, public health and women’s studies.

Malaya has a Master’s degree in International Relations from Columbia University and a dual Bachelor’s degree in Law and Japanese. She is a graduate of the Yokohama Inter-University Center for Japanese Language Studies, run by Stanford University, and has earned Level One of the Japanese Language Proficiency Test.

Her work has been published in books, magazines, newsletters, websites, academic journals and pamphlets for nongovernmental organizations, universities and think tanks (See Selected Works).

Rates depend on the number of words, degree of complexity and urgency. A special discount rate is offered to non-profit organizations. Email for quotes and inquiries.


  • プロフィール:マライア・イレト
     日本での職歴18年の日英翻訳者/ライター/編集者。主に国際非営利団体(NPO)で活動、対応可能分野は、国際法、人権、人道活動、国際関係論、国際開発、政治学、社会学、 保健、教育、女性学など。
     コロンビア大学国際関係行政学院修了、学部では法学と日本語を専攻。スタンフォード大学運営の日本語上級レベル大学院生対象「アメリカ・カナダ大学連合日本研究センター」卒業。日本語能力試験1級取得。
     主な依頼先はNPO、大学、シンクタンクなどで、その成果は本、雑誌、機関誌、ウェブサイト、学術ジャーナル、パンフレット、プレスパックなどとして出版されている(詳しい実績はこちら)。

    ***

     翻訳料は内容の難易度、量、納期により変動しますのでご了承ください。 NPO、その他のボランティア活動に関るご依頼は 割引させて頂くこともございます。お気軽にご相談ください。翻訳に関するお問合せ・ご依頼はメールでお願い致します。